« ストエカス(フレンチ)ラベンダー買うてもた | トップページ

ヒマラヤヤマボウシの実を食べてみた

2018年9月8日NHKラジオ「昼の憩い」においてヤマボウシのお便りが紹介された。戦後の食糧難の時期、子供だった投稿者がヤマボウシの実を食べていたというのである。

そのヤマボウシの仲間ヒマラヤヤマボウシが、当ブログ管理者宅のすぐ前に街路樹として植えられている。初夏には淡い黄色の花を咲かせるが、先日より実らしきものが見えていた。花は毎年見るが、実を確認したのは今年が初めての気がする。台風21号でも落ちなかった実が、本日落ちているのがベランダから見えた。ラジオの話に影響され、拾ってきた。

 

下の画像は樹に実っている状態。

Imgp9547s

 

でもって、下が拾った実。大きさ約3㎝。皮はライチのようである。

Imgp9545s

 

皮を剥いて口にした。確かに甘い。味は、しいて言えばビワに近い。ただ、小さい種が多く、果肉は少ない。

Imgp9552s

 

なるほど、甘いものが他になければ、これでもおやつになる。近頃災害が多発しているので、サバイバル術として覚えておく分には損はない。

|

« ストエカス(フレンチ)ラベンダー買うてもた | トップページ

黄色い花」カテゴリの記事